【面接を勝ち抜く】3の方法実践するだけで緊張はほぐせる

 

面接は緊張して当たり前

転職活動をはじめたものの面接はいつも緊張するな〜
緊張しなくなるコツはないのかな

よく言われることですが、面接では緊張して当たり前です。

例えば、「受からなくていい面接」があったとしても、緊張して臨まないですよね。

つまり、本気で受かりたい、良いように見せたいという気持ちが緊張させているだけで、前向きな気持ちだからこそ緊張するわけです!

 

なぜ緊張するか?

緊張は簡単にいうと、「生理現象」です。

これは大昔から人間に備わっている「外敵から身を守る防衛反応」であり、心拍数の上昇や筋肉の機能向上、集中力・判断力の向上が起こり、戦う準備をするわけです。

親しい友達としゃべる、家族と団らんするなどの時に緊張する人はいませんよね。

つまり、面接の場は「戦いの場」、「面接官は敵」という考えがあり、それが緊張に結び付いてるだけで、面接の場が「気軽にしゃべる場」、「面接官は仲間」と思えるだけで緊張はほとんどなくなります

 

緊張は悪いことではない

 「緊張したらだめだ」と思えば思うほど、緊張しますよね。

人は珍しいもので「○○したらダメ」と禁止を唱えると、逆にその行動や考えをするようになります。

ほどよい緊張は身体能力の向上につながり、ベストな状態を作り上げます。スポーツ選手でいう『ゾーン』ですね。

なので、ある程度の緊張はベストな状態を作り出し、良いアピールができる状態だと思ってください。
緊張は悪くないのです。

面接官から見れば、緊張していて当たり前ですし、むしろ受かりたいから緊張していると受け取っており、悪い印象は全くありません

 

緊張をほぐし、上手く利用する方法

でも緊張はしないほうがいいよね
緊張しなくなる方法を教えて

ネットや本で調べると、様々な方法がありますが、緊張しやすい人からは「あまり効果がなかった・・・」という声をよく聞きます。

そして、対策を考えすぎて、「緊張しないように・・・」と考え、緊張に向かっていきます。

そこで、効果が高い緊張緩和の方法を3点だけお伝えします。

 

【目線に意識を置く】

面接官をかぼちゃと思えとよく聞いたり見たりするけど・・・

よく言われる「面接官をカボチャだと思え」は間違いです。

これで緊張が解ければ、そんなに悩む必要がないですよね。

なぜ、間違いなのか?

緊張するという状態は、「見られている」、「評価されている」と思うことから作られます。

なので、「私が見ている」という状態を作ってください

重要なことは面接官としっかり目線を合わせることです。

緊張する方から「いや、目が合った方が緊張しますよ」と言われそうですが、騙されたと思って実行してみてください。

難しいと思う方は、眉毛と眉毛の間あたりを見てください。はじめは緊張することもありますが、慣れると効果抜群です!

 

【面接のイメージを明るいものに!】

でもやっぱり不安だし面接のこと考えると暗くなっちゃうな

転職活動中の方に「面接のイメージカラーは?」と質問すると、「灰色」など「暗く、冷たい」というイメージカラーで回答を頂きます。

友達との会話や家族の団らんのイメージカラーは「灰色」ではないですよね。

つまり、面接会場・面接中は「暗く、冷たい」という空気を感じているわけです。

そこで、カラーでなくともいいのですが、「オレンジ色」など「明るく、温かい」というイメージを持ってください。

頭でするイメージは抽象的なものが効果抜群です

「私はできる、やれる!」と、ポジティブシンキングなるものをしても効果はないです。

およそ、ご経験されているかとも思います。

抽象的なイメージで、明るいイメージを面接にもっていくと、ある程度、緊張しても明るく過ごせます。

 

【話に全神経を集中させる】

自分が緊張しているって思うと余計に緊張しちゃう

緊張していると、集中が緊張している自分に向けられています。

そのため、目線と併せて、会話に集中してください。

そうすれば、「緊張している」という状態も忘れます

意識して行えば、必ず緊張状態の自分を忘れることが出来ます。

緊張していても、緊張している自分に気づかなければいいわけです

 

合否に緊張は関係ない!

面接官は別に受験者の緊張は、全く気にしていません。

面接を受ける最終目標は「合格/採用」です。

であれば、無理に緊張を解かなくて大丈夫ではないでしょうか?

その前に勉強・業界研究・自己理解などやれる準備をして、臨むことがベストな結果を生み出します。

名司会者でもあるタモリさんは「人間って『自分がいかに下らない人間か』ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな。」という言葉を残しています。
つまり、「自分を良く見せたい」と思うのではなく、良く見せる事前準備をするだけで、結果は良い方向に変わるはずです。
焦らず、前向き面接に臨んでください!