第二新卒にオススメの転職求人サイト3選!失敗しない転職を

 

転職求人サイトとは?

転職求人サイトとは、中途採用を行っている企業が、「今この職種を募集していますよ」と公募する、いわば広告のようなものです。

転職を考えている人は、おおよそ一度は見たことがあるかと思います。

どの求人サイトも良質な求人が載っていますが、特に第二新卒にオススメの求人サイトを3つご紹介しましょう!

 

一番オススメ!「エン転職」

employment.en-japan.com

満足度No1の転職サイト」が売りの転職サイトです。

一度はTVCMを見たことがあるのではないでしょうか?

今、一番人気の転職サイトといっても過言ではないでしょう。

エン転職をオススメする理由としては3つです。

それは、「サイトの見やすさ」「その企業・求人の厳しさ・その仕事への不向きを取材している」「優良中小企業の掲載が多い」というものです。

「サイトの見やすさ」はそれぞれ観点があるかと思いますが、大手企業の出稿が比較的少ないため、優良中小企業が目に入りやすいです。

「その企業・求人の厳しさ・その仕事への不向きを取材している」に関しては、今までにない革新的な取材・記事です。

求人はもちろん、その募集企業は多額のお金を払っていますので、応募数を確保しなければなりません。

ですが、あえてその企業の厳しい点や募集している仕事に不向きな人をオープンに語っており、良いことばかりを記事にしていないことが特徴です。

そのため、応募する前に、懸念されるポイントも一読したうえで、応募できるという良さがあります。

 

第二新卒が主に応募するのは中小企業がメインですので、そういった点ではとてもプラスな点だと考えられます。

 

馴染みが深いサイト!「マイナビ転職」

tenshoku.mynavi.jp

就職活動の際に「マイナビ新卒」のサイトを利用しませんでしたか?

「マイナビ」は新卒就職から転職サイトも若手向けの求人を得意としています。

「サイトも見やすさ」はエン転職と同等ですが、若手向け求人の多さはマイナビ転職の最大の特徴です。

登録者も大学卒かつ若手が7~8割ですので、企業も若手を狙った求人が多いわけです。

何より若手向け求人が多いために、未経験歓迎の求人が他転職サイトと比較してもかなり多いです。

社会人経験が浅い第二新卒が応募しやすい求人が多いので、とてもオススメです!

 

ブランド戦略を若手向けに変えた!「DODA」

doda.jp

パーソルキャリアが運営する転職求人サイト、「DODA」。

もともと、350万円以上の年収帯をターゲットにした求人掲載をメインとしていましたが、300万円前後の年収帯にターゲットを再設定して、求人掲載に力を入れています。

そのため、CMで起用する俳優・女優を若手に切り替えるなど、広告展開にも変化をみせています。

DODAの最大の特徴は「求人数の多さ」です。

パーソルキャリアが運営するDODAエージェント(人材紹介)が保有する求人も企業への直応募求人と併せて掲載を行っているため、保有求人数は断トツです。

そのため、転職が初めての第二新卒にも利用しやすく、時には転職支援サービスの力も借りることができます。

 

転職サイトは登録しすぎないように!

転職サイトはとても数多くあります。

掲載されている求人は様々で、色んな求人を見たいという気持ちはあるかと思いますが、4つ以上の転職サイトに登録することはNGだと思ってください。

なぜかというと、「スカウトメールで大事なメールが埋もれてしまうこと」、「応募している求人の整理がつかなくなる」からです。

あれもこれも、と欲張ると本当によくありません。

3つほどに転職サイトは絞って登録しましょう!

 

まとめ

第二新卒で転職活動を行う際には、初めてということもあり、分からないことだらけかと思います。

そのため、上記3つのサイトを上手く活用しながら転職活動を進めることをおススメします!

もし、書類の書き方が分からない、面接が苦手、などがあれば、転職エージェントを活用することもオススメです。

上記のサイトを上手く利用しつつ、よりより転職活動にしてください!