【第二新卒】転職エージェント利用のススメとオススメのエージェント4選

 

初めての転職は分からないことだらけ

第二新卒にとって初めての転職…わからないことも不安なことも多いでしょう。

就職活動のときは大学のサポートがあったり、友人や先輩に相談できる環境があったり、何かと頼れる人がいたでしょう。

就職活動は“集団戦”ですが、転職活動は“個人戦”だとよく言われます。

相談相手のいない中での転職活動は分からないことだらけで不安も多くなりますよね…。

 

転職エージェントを利用してみる

就職活動と転職活動は全く違います

活動の進め方であったり、準備する書類であったり、面接の方法であったりなど‥。

そのため、“転職のプロ”である転職エージェントを利用することをおススメします!

丁寧なエージェントは書類作成から面接対策、入社後のフォローまで長くサポートしてもらえますので、転職活動において大きな味方になるはずです。

また、現状を客観的にみてくれます。転職活動をしていると、可能性が無限大に感じたり、その逆で可能性が無いと感じたりなどがありますが、現実的な可能性やオススメの求人、キャリアプランの提示もしてくれたりなど、大きな助けとなります。

 

転職エージェントは見極めが大切

“転職のプロ”と言いましたが、転職エージェントの中には残念ながら、そうではないエージェントもあります。

例えば、面談担当がド素人だったり、求人がブラック企業だらけだったり、何も相談に乗ってくれず、求人紹介ばかりしてくるなどです。

第二新卒にとっては転職が初めてなので、信じ込んでしまうこともあります。

そこで、初めて利用する転職エージェントとして4社オススメ企業をお話ししたいと思います。

 

オススメの転職エージェント4選

オススメの転職エージェント4社とは…。

第1位は「パソナキャリア」第二位は「DODAエージェント」第3位は「マイナビエージェント」第4位は「リクルートエージェント」です。

まず、1位に挙げた「パソナキャリア」ですが、新卒入社から長年、面談担当(キャリアアドバイザー)として勤めてきた人が多く、また中途入社からの面談担当においては前職の業界を生かして面談担当になります。

人材業界への就職は「人物重視」であることも多いですが、パソナキャリアは「学歴」もよく見ているため、勉強熱心な面談担当が多く、知識も豊富ですので、的確なアドバイスを期待できます。

どのサイトを見ても利用者の満足度が高く、質の高い面談が期待でき、企業からの評価が高いことが特徴です。

ただ、即戦力重視の案件も多いため、求人に期待するよりも面談の質の期待することがベターです。

第二位は「DODAエージェント」ですが、第二新卒向け(未経験者向け)の求人の保有数は他エージェントより断トツで多いです。

また、パソナキャリアと同様、学歴の高い面談担当が多く、知識が豊富です。

そして、応募書類が分かりやすく(フォーマットなど)、的確なアドバイスもあり、書類選考にも強くなります。

ただ、利用者もかなり多いため、選考の倍率はやや高いことが特徴ではありますが、応募できる企業もその分多いです。

また、第3位は「マイナビエージェント」です。

マイナビと言えば「マイナビ新卒」、「マイナビ転職」など求人媒体が有名ですが、第二新卒向けのエージェントとしても有名です。

面談担当は求人広告の営業などの営業出身者が多いですが、企業側の目線に立ったアドバイスがとても上手いです。

やはり、企業が何を求めているのかなどを的確にアドバイスされる方が面接は圧倒的に有利です。

そして、マイナビエージェントは若手向けの求人を多く、取り扱っています。(マイナビの戦略のほとんどが若手向けです。)

そして、第4位は「リクルートエージェント」です。

「リクルートが一番オススメじゃないの?」と思われた方も多いかと思いますが、4位である理由も少しお話ししましょう。

オススメするポイントとしては、求人数とその質です。

リクルートエージェントへ求人を出す企業はかなりの数があり、中にはブラック企業も含まれるため、倫理審査(残業代は支払われるのか?など)を行い、かなり精査したうえで求職者の手へ渡ります。

そのため、求人数・質ともにかなり良好です。

ですが、面談の質がいいかと言われると正直、担当によってかなり変わります。

リクルートは企業、求職者の両方をどの転職エージェントよりも多く抱えているため、完全分業型で転職サポートを行っています。

その分業が細かいため、ランキングとしては4位というわけです。

その分業とは「営業担当」、「面談担当」(ここまでは各社変わりません)、それに加え「連絡担当」がいます。

面談担当が連絡や求人を紹介するのではなく、連絡担当が面談担当から預かった情報をもとに、求人紹介を行います。

そのため、かなり機械的に紹介が行われることもあります。

ですが、左記にお伝えしたとおり、求人数と質は圧倒的に満足できるかと思いますし、信頼できる面談担当もいます。

 

まとめ

転職エージェントを選ぶときのポイントは「面談の質」、「求人の量/質」、「アフタフォローの充実さ」です。

一度、足を運んでみて相談することをオススメします。

大手求人企業のCMではないですが、「転職は慎重に」です。

転職エージェントの言う通りに転職活動を進めることはお勧めしませんが、信頼できると感じたときはとことん頼っていいかと思います。

第二新卒の転職は、風当たりも強いため、精神的にもきついことがあります。

そんなとき、信頼できる相談相手がいれば必ずいい方向に導いてくれるはずです。

上手に転職エージェントを利用しながら、転職活動を進めてみてください!